女性の味方、こんなにスゴイ、こうや豆腐:体にいいみたい

こうや豆腐DEはじめる新食生活
‘みんな’のしあわせ願う、こうやの話
家族の“しあわせ”願うおせちの話






女性の味方「こうや豆腐」。
意外な効能、現代人にピッタリの食品こうや豆腐のあれこれQ&Aです


      こうや豆腐ってなに?

外国のチーズと並んで、世界に誇る日本人の作った食料品です。
即ち、大豆だけが原料で大豆に含む蛋白質・脂肪を抽出した製品で、文字通り純正の食品です。作り方はいたって簡単で、水分84〜85%のやや固めの木綿豆腐を使い、凍らせた豆腐をそのまま熟成します。スポンジ状になったら脱水し、火力で乾燥して仕上げます。


      こうや豆腐は地方によって呼び方が違うみたいですが?

凍り豆腐:凍豆腐品質表示基準(農林水産省告示)できめられた正式な食品名です。
高野豆腐:高野山を中心とした関西圏の呼び方です。
ちはや豆腐:大阪の河内地方の呼び方です。
凍み豆腐:甲信越や東北地方の呼び名です。
連豆腐:昔ながらの手作りの方法で作ったもの。中央にひもでしばったあとがつくのが特徴。
一夜凍り:凍ったものをすぐに食べます。北海道産のものです。


      こうや豆腐のルーツを教えて…

いろいろな説がありますが、有力とされているものを2つ紹介します。
1つ目は、その名の由来となった高野山の説です。鎌倉時代のこと、高野山は高地にあり、冬の厳しい寒さで、豆腐が凍ってしまいました。食べてみたところ、食感がおもしろく、おいしいというので、その後高野山を中心に関西で普及していったという説です。
2つ目は、長野、東北地方に伝わる凍み豆腐です。これは豆腐をわらで編んで極寒の季節に軒先につるします。夜は凍り、昼は日に当ってとけ、日光が自然乾燥させるもので、脂肪が酸化して、独特の風味を生み出します。ここから普及していったという説です。


      こうや豆腐の種類を教えて?

こうや豆腐にはいろいろな種類があります。

普通

サイコロ

細切り

うす切り

粉末


      ダイオキシンの排出効果があるって本当?

ダイオキシンの排出と、肝臓への蓄積を抑制することが研究報告されています。
こうや豆腐の製造で「凍らせる」という過程によって、たんぱく質が凍結変性することに関係があるとされています。
それらの動きが、ダイオキシンの体内蓄積を阻止し、排出を手助けしてくれるのです。

      コレステロールを低減してくれるの?

こうや豆腐に、強いコレステロール抑制作用がみられる理由は、たんぱく質の「食物繊維的動き」があげられます。
たんぱく質には難消化性の食物繊維的な働きをするものがあり、コレステロールの吸収を阻害する働きがあります。
それとこうや豆腐が”凍結によって変性している”ところに特徴があり、凍結変性した形のたんぱく質のほうが、体の中での代謝(体の中での分解)をより促進しています。
排泄されるコレステロール以外は、肝臓に蓄積されますが、こうや豆腐のたんぱく質を添加したラットをみると、肝臓のコレステロールが少なく、コレステロールの代謝(分解)の活性化がみられます。

      骨粗鬆症の予防に役立つの?

こうや豆腐には「イソフラボン」という成分が含まれています。これが骨粗鬆症の予防に効果があります。
イソフラボンには骨からのカルシウムの溶出を抑えて、骨密度(骨のカルシウム密度)をより正常に近い状態に保つ働きがあります。
実際、イソフラボンを多く取っている日本の女性は、骨粗鬆症の発生が少ないという調査結果が出ています。

      妊娠時にいいって聞いたけど・・・

こうや豆腐には「鉄分」が多く含まれています。
鉄分は、女性にとって大切な要素ですが、なかでも、妊娠中や授乳期の女性には積極的にとって欲しい栄養素ナンバーワンです。
鉄分が不足するとお母さん自身が貧血に悩まされたり、乳児に不足すると発育が遅れるとも言われていて、授乳期の女性には特に摂取をお勧めいたします。


      ダイエットに効果的って本当なの?

こうや豆腐は、低カロリーで太りにくいたんぱく質食品ですから、ダイエットには効果的な食品です。
特に、たんぱく質が豊富な食品ですから、ダイエットでやつれたり、体力が落ちて疲れたりすることがありません。
またカルシウムやイソフラボンもたっぷりなので、無理なダイエットで、骨がすかすかになることもガードできます。 食べながら健康的にダイエットと考えるとこうや豆腐はぴったりの食品といえます。